PITAKA MagEZ Case3 レビュー

この記事ではGalaxy S23 Ultra、Galaxy S23向けの「PITAKA MagEZ Case3」をレビューしています。

PITAKAのMagEZ Case3は600Dアラミド繊維でで織り込んだアラミドクロスを使って成型した質感の高いケースです。

見た目がカッコいいだけでなくマグネットを埋め込むことでMagSafeのように本体をくっ付けて充電も可能となる優れモノ。

マグネットタイプのMagSafe充電はAppleのiPhoneでしか使えないと思いがちですが、MagEZ Case3ならGalaxy S23Galaxy S23 Ultraもくっ付けて充電が可能となります。

この記事ではGalaxy S23シリーズのPITAKA MagEZ Case3をレビューし実際に使ってどうか、メリットやデメリットを書いてます。

Galaxy S23シリーズは高価な端末なのでケースでオシャレに守りたい方は参考にしてみてください。

MagEZ Case3 for Galaxy S23のメリット
  • オシャレでカッコいいケース
  • ケースの質感、手触りがサラサラと良好
  • 軽量なのでケースを装着しても軽い
  • サイドレスで本体サイズが大きくならない
  • GalaxyでMagSafeで充電ができるようになる
MagEZ Case3 for Galaxy S23のデメリット
  • サイドフレームも守りたい人には適していない
  • ケースの価格はお高めです

※この記事はPITAKAさんより商品提供していただき実際に使った感想を記事にしております。

MagEZ Case3 for Galaxy S23の特徴

MagEZ Case3はパッケージもとてもしっかりし安心感あります。

MagEZ Case3 for Galaxy S23の特徴
  • ケース素材:アラミドクロス(600Dアラミド繊維)
  • リングマグネットでMagSafeに対応する
  • S23 Ultra用:薄さ 0.95mm、重量 25.3g
  • S23用:薄さ 0.95mm、重量 19.3g
  • 価格:7,999円〜8,999円

今回は6.8インチのGalaxy S23 Ultraと6.1インチのGalaxy S23向けの両ケースをレビューしていますが、基本デザインは同じで斜めにストライプが入ったおしゃれケースとなっています。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 Ultra vs Galaxy S23 外観比較

Galaxy S23 Ultra向けはツートンカラーとなっていますが、S23と同じく黒一色バージョンもあります。

グレーツイル柄 → ラプソディー → グレー序曲です。

ラプソディーやグレー序曲はアクセントカラーとなっているのでおしゃれでいい感じですね。

さらに、MagEZ Case3はN52SH磁石が埋め込まれたMagSafe SlimBoardを採用しMagSafeアクセサリーとPitaka MagSafe対応アクセサリーに対応しています。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 Ultra vs Galaxy S23 内側比較

ケースはとても丁寧に作られていて細かいところの見た目も美しいです。

MagEZ Case3 ケースの質感

N52SH磁石と樹脂を1枚の薄い板に注入し航空宇宙グレードの600Dアラミド繊維と一体化しケースの重量もS23 Ultra用が25.3g、S23用が19.3gととにかく軽いです。

ケース装着しても軽さを維持できるのはいいですよね。

軽さがウリでもあるGalaxy S23のメリットを活かしたかままMagSafeが使えますし、重量が少し重めのS23 Ultraも極力重くせずに本体を傷から守ることができます。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 Ultra レビュー

では、Galaxy S23 Ultra向けのMagEZ Case3をレビューしています。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 Ultra ケースデザイン

グレー序曲というツートンカラーを採用したデザインとなっていてカーキ色と赤がちょっとしたアクセントカラーになって良い感じです。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 Ultra PITAKAのロゴ部分

質感もとても良くてサラサラとした柔らかい手触りを実現しています。

Galaxy S23 Ultra向けのMagEZ Case3はサイドフレーム全体を覆うことはせずにあくまで本体そのものを活かしたデザインを採用しています。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 Ultra 操作ボタン部分

これは操作ボタンのない左サイド部分も同じとなっており、端末上部はしっかりケースに覆われたデザインとなっています。

リアカメラのレンズもしっかり保護してくれます。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 Ultra リアカメラ

端末下もしっかり保護されていてUSB-Cポートがあるところは切り欠けスタイルとなっています。

Galaxy S23 Ultraは端末が大きいのでケース装着時にできるだけ大きくしたくない思いがありますが、MagEZ Case3はしっかりその想いに応えてくれます。

[ad2]

MagEZ Case3 for Galaxy S23 レビュー

Galaxy S23向けのMagEZ Case3をレビューしています。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 外観デザイン

こちらも基本デザインは同じでグレーツイル柄の単色カラーのケースとなっていてツートンカラーモデルよりも1,000円安く買うことができます。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 素材

Galaxy S23向けも操作部分の部分は切り欠けになって剥き出しとなっていますが、S23 Ultra向けと違ってサイドフレームはディスプレイ面までしっかり守ってくれてます。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 操作ボタン部分

リアカメラのレンズもケースがしっかり保護してくれます。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 リアカメラ

Galaxy S23向けは端末上は切り欠きのあるスタイルとなっています。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 端末上部

端末左側はディスプレイ面までしっかり守ってくれていて、端末下も切り欠きのあるスタイルとなっています。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 端末下

S23 UltraとS23では切り欠き部分が異なっていますがGalaxy S23は端末重量が168gと軽いのが魅力の一つなので出来るだけ軽量化を考慮した結果なのかもしれません。

[ad4]

MagEZ Case3 for Galaxyのメリット

MagSafe充電に対応している

MagEZ Case3はN52SH磁石が埋め込まれたMagSafe SlimBoardを採用しているため、iPhoneのMagSafe周辺機器を使って充電が可能です。

Apple MagSafe充電器

例えば、Apple純正のMagSafe充電器を使ってGalaxy S23 Ultra、S23をくっ付けて充電が可能となっています。

マグネットタイプの充電システムはiPhoneでしか使えないものですが、MagSafe自体はQiにも対応してるので充電自体はできますが、スタンドタイプのMagSafeなら立て掛けた状態で充電しながらYouTubeなど動画コンテンツを視聴できるので便利ですよね。

マグネットの威力はAppleのMagSafe対応のケースと比べると弱めですがはずみで外れることはない強度はしっかり確保してるので安心してつ使えます。

なお、PITAKAからもマグネットタイプのワイヤレス充電ができるMagEZ Slider 2を販売しています。バッテリー部分を取り外して充電しながら使うこともできます。

オシャレで質感・手触りがサラサラと良い

MagEZ Case3シリーズは見た目がオシャレだけでなく質感と手触りもとても良いのでついつい触れたくなるような、そんなケースに仕上がっています。

スマホケースとしては高価ですが、そもそもマグネット充電に対応していないGalaxy S23シリーズをくっ付けて充電できるようになるので納得価格ではないでしょうか。

ワンランク上のケースが欲しいなら良いかもしれません。

軽量ケースなので軽く扱える

また、MagEZ Case3は600Dアラミド繊維を用いた画期的な技術で従来モデルのMagEZ Case2よりも29%薄型化、35%も軽量化を実現しています。

ケースを装着した状態でGalaxy S23 UltraとGalaxy S23の重量を計測してみたところ…

MagEZ Case3 装着時の重量
  • Galaxy S23 Ultra:234 g → 260 g
  • Galaxy S23:168 g → 190 g

Galaxy S23 Ultraは元々が234gと少し重めではありますがケースを装着しても26g増の260gです。

めっちゃ軽いです。S23もケース装着しても200gを切るので軽量ギャラクシーの名を汚すことなくケースを使えるのは嬉しい。

サイドレスで本体サイズが大きくならない

Galaxy S23 Ultra向けのMagEZ Case3は操作ボタン部分が切り欠きになってるだけでなく、サイドフレームを半分しか保護していません。

MagEZ Case3 Galaxy S23 Ultra サイドフレーム部分

これ、デメリットでは?

って思うかもしれませんが半分しか覆わないことで手で持った時にサイズアップを感じることなく使えるので6.8インチの大型スマホを少しでもコンパクトに抑えながらケースを使えるメリットとなります。

個人的にこの考え方はとても好きで全部覆うのは確かに端末をしっかり守れる安心感がある一方でスマホ本来のデザインを損なうことになります。

しかし、MagEZ Case3 for Galaxy S23 Ultraはスマホ本来のデザインもしっかり残しつつ使うことができます。

MagEZ Case3 for Galaxyのデメリット

サイドフレームは剥き出しになる

一方でサイドフレームが剥き出しになってるのは傷が付きやすいのでデメリットにもなります。

MagEZ Case3 サイドフレーム Galaxy S23 Ultra vs S23 左側

Galaxy S23 Ultraは左右ともにフレームが上半分剥き出しとなっており、S23は左側はしっかりパネル面まで保護されています。

MagEZ Case3 サイドフレーム Galaxy S23 Ultra vs S23 右側

さらにS23は端末上下も切り欠きになってサイドフレームが剥き出しとなっているので完全に本体を傷から守りたいという方はMagEZ Case3は適さないです。

MagEZ Case3はあくまでスマホ本来のデザイン、重量感をそのまま維持したままスマホを最低限守ることを前提としたケースと見て使うのが正解でしょう。

ケースの本体価格は少しお高め

MagEZ Case3は高級スマホケースなので価格はちょっとお高めです。

価格(税込)
  • グレーツイル柄:7,999円
  • ラプソディー:8,999円
  • グレー序曲:8,999円

S23 Ultra、S23ともに価格は同じになっていてグレーツイル柄は1,000円安い7,999円となっています。

まあ、Galaxy S23シリーズでマグネット充電ができるようになるので機能も考慮するとこんなもんではないでしょうかね?

[ad5]

MagEZ Case3 for Galaxy S23 レビュー:まとめ

マグネット充電に対応したMagEZ Case3 for Galaxy S23 Ultra、MagEZ Case3 for Galaxy S23をレビューしてきましたが、おすすめな人はどんな人かまとめます。

MagEZ Case3 for Galaxy S23 おすすめな人は
  • Galaxy S23シリーズを使ってる
  • MagSafeなどマグネット型のワイヤレス充電をしたい
  • ケース装着時の重量を少しでも軽くしたい
  • 質感の高いオシャレなケースが欲しい

当然ですがGalaxy S23 Ultra、Galaxy S23を使ってる方向けのケースとなります。さらに、MagSafeなどマグネトタイプのワイヤレス充電がGalaxyで使えるメリットがあります。

何よりもMagEZ Case3はケースが軽量で装着してもトータル重量の増加を極限まで抑えられるのでGalaxy S23シリーズでとにかく軽く使いたいけどケースも付けたいという方におすすめです。

質感もとても良いのでワンランク上のケースが欲しいならPITAKAのMagEZ Case3はとても良き選択肢になるのではないでしょうか。

Galaxy S23 UltraGalaxy S23を詳しく見る