Hyppr PD 100W USB-C 2ポート レビュー

MacBook Pro 16インチの純正の電源アダプタは96Wの高出力なものとなっていて、満足いくスピードで充電できるサードパーティ製の電源アダプタは少ないですが、Hyppr PD(HPPC001)という100W出力に対応した窒化ガリウムの電源アダプタを導入してみました。

あまり聞いたことがないメーカーだったので不安はありましたが、使ってみると普通にMacBook Pro 16インチをフルスピードで充電したり、iPad ProとMacBook Pro 13インチを2台同時接続で充電することができます。

ここでは、Hyppr PD 100Wのデザイン、充電性能、使いやすさをレビューしています。高出力な電源アダプタを探している方は参考いしてください。

Hyppr PD(HPPC001)の特徴

Hyppr PD 100Wの特徴
  • 窒化ガリウム(GaN)対応の小型充電器
  • 1台接続:100Wの充電出力でMacBook Pro 16インチを充電できる
  • 2台接続:45W+45Wの充電出力でMacBookを2台同時充電できる
  • プラグは折りたたみ式で持ち運びしやすい
  • 本体サイズ:68 × 66 × 33 mm
  • 本体重量:196g
  • 価格:4,999円

Hyppr PDはUSB-Cポートを搭載し100W出力に対応した窒化ガリウム(GaN)を採用した電源アダプタです。二つのUSB-Cポートがあり、1つの端末の充電なら最大100W出力でデバイスを高速充電することができます。

例えば、96Wの電源アダプタを使って充電するMacBook Pro 16インチを1台だけ接続すれば100Wで充電することが可能となります。

2つの端末を同時充電すると45W + 45Wと出力が弱くなってしまいますが、それでもMacBook Pro 13インチMacBook AirとiPad Proを同時に充電するパワーがあるので、複数の端末を同時に充電したいという要望に応えてくれる電源アダプタとなっています。

Hyppr PD(HPPC001)レビュー

充電用のUSB-CケーブルはMacBook・iPadなどに最初から付属しているので、必要ないという場合もあると思います。

Hyppr PD 100Wのパッケージ
Hyppr PD 100Wのパッケージ

Hyppr PD 100WはUSB-Cケーブルを付属していないので、すでに高出力に対応したUSB-Cケーブルを持っていれば、他社の電源アダプタよりも購入費用を安く抑えることができます。

窒化ガリウム(GaN)で小型サイズを実現

Hyppr PD(HPPC001)は半導体に次世代素材の窒化ガリウム(GaN)を採用した高出力電源アダプタとなっています。

Hyppr PD 100W 充電アダプタのサイズ感
Hyppr PDのサイズ感

窒化ガリウム(GaN)は電力効率が従来のシリコン素材よりもいいのでアダプタを小型化することが可能となります。

MacBook Pro 16インチの96W USB-C 電源アダプタと筐体サイズを比較してみました。

hyppr PDとApple 96W USB-C
hyppr PDとApple 96W USB-C

Hyppr PD 100Wの筐体サイズは68 × 66 × 33 mmとApple 96W USB-C 電源アダプタよりも縦横サイズはコンパクトですが、筐体の厚みが少しあります。

サイズはコンパクトだが厚みがある
サイズはコンパクトだが厚みがある

筐体の重量はApple 96W USB-C 電源アダプタは約300gあるのに対して、Hyppr PD 100Wは207gとかなり軽いのが特徴となっています。

Hyppr PDの筐体は軽い
Hyppr PDの方が筐体は軽い

ほぼ同じ出力でUSB-Cポートを二つ搭載しつつ重量が軽いので、旅行や出張で持っていくのに適してそうですよね。

1台接続で100Wの高出力充電ができる

Hyppr PD(HPPC001)は1つの端末の充電なら最大100Wの出力が可能となっていて、2台接続で45W + 45Wの出力での充電となります。

Hyppr PD(HPPC001)
Hyppr PD(HPPC001)

電源に接続すると青色のインジゲーターが点灯し充電可能状態となります。

青色のLEDインジゲーターで充電可能状態
青色のLEDインジゲーターで充電可能状態

「PD」と「USB-C」の二つの表記がありますが、どちらからも100W出力が出てきていたので、高出力端末の充電時は基本的にどっちを使っても問題はないのかなと思います。

なお、PSEマークの印字もしっかり印字されているので安心して使うことができます。

折り畳み式のプラグで持ち運びしやすい

Hyppr PD 100Wは折り畳み式のプラグを内蔵しています。

折りたたみ式のプラグを内蔵している
折りたたみ式のプラグを内蔵している

サードパーティ製の電源アダプタは折り畳み式のプラグがスタンダード化していますが、Hyppr PDもしっかりプラグを折りたたんでポーチの中に放り込んで持ち運ぶことができます。

[ad2]

MacBook Pro 16インチの充電器として

Hyppr PDは1台接続なら最大100Wの充電に対応しているので、MacBook Pro 15インチだけでなくMacBook Pro 16インチの充電器として使うことができます。

MacBook Pro 16インチを充電してみました。

MacBook Pro 16インチを充電する
MacBook Pro 16インチを充電する

Macの「システム情報」の「電源」は「100W」で認識しているのが確認できました。

MacBook Pro 16インチを100Wで充電する
100W出力で認識している

出力されてる電力を計測してみたところ(19.0V ×4.34A = 82W)で充電していました。接続してすぐは(19.0V ×3.5A = 66W)あたりを行ったり来たりしますが、しばらく待ってると80W前後で安定し充電します。

80W前後で充電できる
80W前後で充電できる

Apple純正の96W USB-C 充電器の実測で80W前後の出力なので、ほぼ同じ給電容量となっています。実際にMacBook Pro 16インチを充電してどれくらいの時間でフル充電できるか計測してみました。

Hyppr PD 充電時間比較
モデル MacBook Pro 16インチ
充電器 Hyppr PD 100W Apple USB-C 96W
0:00 0% 0%
0:30 34% 30%
1:00 70% 59%
1:30 88% 85%
2:00 100% 100%

1時間でMacBook Pro 16インチを70%ほど充電できるの、かなり素早くバッテリー補給することができ、2時間ほどでフル充電が可能となっています。

なお、2台同時接続にすると45Wに出力が低下しますが充電ができなくなることはないので安心して使うことができます。

MacBook Pro 13インチ + iPad Pro 11インチ

USB-Cポートを2つ搭載しているので、MacBook Pro 13インチとiPad Pro 11インチを同時充電することができます。

MacBook Pro 13インチとiPad Pro 11インチを同時に充電し、充電時間を計測してみました。

Hyppr PD 充電時間比較
モデル MacBook Pro 13インチ iPad Pro 11インチ
0:00 0% 0%
0:30 30% 34%
1:00 59% 61%
1:30 79% 81%
2:00 97% 100%

どちらも1時間で60%ほどバッテリー補給ができて、2時間もあればフル充電できます。2台同時充電なので45Wと出力が落ちてしまいますが、MacBook Pro 13インチは比較的早く充電することができるようですね。

MacBook Airも同じように急速充電できるので、iPad Proなど複数端末を使っている方はHyppr PDが1台あるとかなり便利になるんじゃないかなと感じます。

iPad Pro 11インチ + iPhone 11 Pro

iPad Pro 11インチとiPhone 11 Proを同時に充電してみました。

Hyppr PD 充電時間比較
モデル iPhone 11 Pro iPad Pro 11インチ
0:00 0% 0%
0:30 50% 35%
1:00 75% 61%
1:30 100% 84%
2:00 100%

iPhone 11 Proは30分で50%、iPad Pro 11インチは1時間で60%ほどのバッテリー補給ができてました。

1.5〜2時間でどちらの端末もフル充電できる能力を持ってるのでお昼休み時間にちょこっと充電するだけでかなりの数値を回復させることができそうです。

[ad3]

Hyppr PD 100W レビュー:まとめ

Hyppr PD 100W
Hyppr PD 100W

Hyppr PD(HPPC001)は半導体素材にGaN(窒化ガリウム)を再要した100Wの高出力充電に対応の小型充電器です。

Hyppr PDの良いところ
  • 最大100Wの急速充電ができる
  • USB-C PD 2ポート搭載している
  • 2台同時充電なら45Wで充電できる
  • 筐体カラー:ホワイト・ブラックの2色
  • 端末価格が4,999円と安い

最大出力100Wで充電できるのでバッテリー容量が大きいMacBook Pro 16インチをフルスピードで充電することができます。

Hyppr PDの惜しいところ
  • 特になし

Hyppr PDはとくにデメリットはないです。しっかり100W出力で充電することができますし、端末価格が4,999円と大手メーカーと比較すると安いので購入しやすいのではないでしょうか。

Hyppr PD
■ おすすめ度:
4.5
■ 充電速度:
4.5
■ 使いやすさ:
4.5
■ モバイル性:
4
■ 価格の安さ:
4

E-Marker内蔵のUSBーCケーブルが必要

Hyppr PDの100W出力で充電するにはUSB-Cケーブルも100Wに対応したE-markerチップを搭載したものでないといけません。

MacBook Pro 16インチに付属しているUSB-Cケーブルをそのまま使うなら問題ないですが短いケーブルで使いたいなど、持ち運びを考えているならサードパーティ製の100W対応のUSB-Cケーブルを合わせて買うのがおすすめです。

もし、ケーブル込みで手に入れたいなら90WのRAVPower RP-PC128を選んだ方がいいかもです。最大出力は100Wないですが、実際の充電速度はあまり違いはないのでおすすめです。

https://sin-space.jp/ravpower-rppc128

iPhonenにおすすめの充電アダプタを比較しています。

https://sin-space.jp/ravpower-rp-pb201
https://sin-space.jp/ravpower-rp-pb186
https://sin-space.jp/ravpower-rppb172

MacBookのおすすめの周辺機器・アクセサリはこちら。