Deco XE75 レビュー

ついに、Wi-Fiは「Wi-Fi 6E」時代に突入です!

TP-LinkからWi-Fi 6Eに対応したメッシュWi-Fiルーター・TP-Link Deco XE75が発売となります。

Deco XE75は新規格のWi-Fi 6Eは6GHz帯に対応端末で速度が向上するだけでなくバックホールを6GHzで接続できるので安定性が向上し末端の端末も速度向上が期待できます。

Deco間のバックホールが 5GHz → 6GHz になっただけで「そんな変わらないのでは?」って思ってたけど違いました。Wi-Fi 6E対応スマホだけでなくWi-Fi 6Eに非対応の端末もしっかり通信速度が向上してました。

この記事では、TP-Link Deco XE75をレビューしています。実際に使ってどうなのかメリット・デメリット、TP-Link Deco X60との違いも比較してるので高速メッシュWi-Fiを検討してる方は参考にどうぞ!

TP-Link Deco XE75のメリット
  • 設置場所には困らない大きさ
  • Wi-Fi 6Eの高速安定通信に対応
  • 6GHz対応端末でさらに速度向上
  • AIメッシュで安定接続が可能に
  • Deco X60よりも速度が向上してる
  • 従来のDecoを追加してメッシュを拡大
  • イーサネットコネクタを3つ搭載
  • アプリが使いやすくて設定しやすい
TP-Link Deco XE75のデメリット
  • V6プラスに非対応

TP-Link Deco XE75はAmazon、楽天市場などで1パックが 22,800円、2パックが42,680円での販売となります。

※この記事はTP-Linkさんより商品を提供していただき記事にしております。

TP-Link Deco XE75 スペック・特徴

Wi-Fi 6E(6GHz帯)に対応した

Deco XE75(AXE5400)スペック・特徴
  • Wi-Fi 6E(802.11ax/ac/n/b/g)対応
  • 6GHz:2402Mbps (802 11ax,HE160)
  • 5GHz:2402Mbps (802 11ax,HE160)
  • 2.4GHz:574Mbps (802 11ax)
  • メッシュWi-FiでAIがネットワーク最適化
  • 6GHzがDecoユニット間専用のバックホールに
  • 4アンテナ + トライバンド + ビームフォーミング
  • OFDMAとMU-MIMOで複数端末と同時通信
  • 6ストリームで最大200台の端末と同時接続
  • スマホでかんたん管理(Decoアプリ)
  • 1Gbps ギガビットポートを3つ搭載
  • 本体サイズ:105 × 105 × 169 mm
  • 1-pack:税込 22,800円(公式価格)
  • 2-pack:税込 42,680円(公式価格)

TP-Link Deco XE75は新しく使えるようになった6GHz帯に対応してこれまで以上に高速で低遅延なWi-Fi環境を構築できるWi-Fi 6Eに対応した高速メッシュWi-Fiです。

W i-FI 6Eにダイレクトに対応した端末は2022年12月現在少ない状況ですがDeco XE75のユニット間で6GHzになることで速度と安定性が向上するメリットがあります。

スマホのZenfone 9Galaxy S22など対応してますが国内版はまだ使えず、Pixel 7 ProはアップデートでWi-Fi 6Eでの通信が可能になります。

Pixel 7 Pro 6Ghz対応
Pixel 7 ProはWi-Fi 6Eに対応

Wi-Fi 6E対応スマホで通信速度がより高速になって安定します。

また、たくさんの端末を使ってると5GHz帯が混雑して通信速度が不安定になることがありますが、6GHz帯をバックホール専用で使うことでWi-Fi 6Eに対応してない端末でも安定して速度が向上します。

アプリで6GHzの設定
アプリで6GHzの設定が可能

実際に同スペックのWi-Fi 6E非対応のDeco X60と比較しても50〜100Mbpsほど通信速度が速くなって安定感が出たので、バックホールの品質って大事なんだなと改めて思いました。

もし、Wi-Fi 6E対応の端末を購入したときはアプリからWi-Fiネットワークにも6GHz帯を使うようにアプリから切り替えできるようになっています。

6GHzをSSIDに設定する
6GHzをSSIDに設定する

SSIDに「6GHz」と設定しておくと設定時に分かりやすいです。

ただ、6GHzの端末が増えると5GHzと同じように混線するので末端端末は従来通り5GHzのまま、Deco間のバックホールを6GHz専用にするだけでも全体の安定性が向上するのが凄いです。

[ad2]

Deco XE75・Deco X60とスペック比較

Deco XE75とDeco X60のスペックを比較しました。

Deco XE75・X60 スペック比較
TP-Link Deco XE75 Deco X60
対応規格 802.11ax(6GHz)
802.11ax/ac/n/a(5GHz)
802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
802.11ax/ac/n/a(5GHz)
802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
通信速度 6GHz:2402Mbps
5GHz:2402Mbps
2.4GHz:574Mbps
5GHz:2402Mbps
2.4GHz:574Mbps
Wi-Fi範囲 500㎡(2パック)
内蔵アンテナ4つ
460㎡(2パック)
内蔵アンテナ4つ
Wi-Fi性能 トライバンド、AI最適化、MU-MIMO、OFDMA、6ストリーム デュアルバンド、AI最適化、MU-MIMO、OFDMA、6ストリーム
接続台数 最大200台 最大150台
有線ポート ギガビットポート ×3 ギガビットポート ×2
サイズ 105 × 105 × 169 mm 110 × 110 × 114 mm
価格 1パック:22,800円
2パック:42,680円
1パック:16,800円
2パック:30,800円
3パック:45,800円

Deco XE75は3つのバンドを使うことで最大5,400Mbps、最大200台の端末の接続が可能でギガビットポートも3つあるのでより拡張性の高いメッシュWi-Fiとなっています。

内蔵アンテナはどちらも4つと基本スペックは同じですが6GHz帯に対応してるか、否かが大きなスペックの違いと見ていいでしょう。

TP-Link Deco XE75 レビュー:外観

TP-Link Deco XE75
TP-Link Deco XE75

では、Deco XE75をレビューしていきます。

外観デザイン・サイズ

TP-Link Deco XE75は円柱型のWi-FiルーターとDecoシリーズらしいスタイルとなっています。本体カラーはホワイトでリビングにそのまま置いても違和感のないデザインとなっています。

Deco XE75 2パック 梱包状態
Deco XE75 2パック

同梱品は電源アダプタが2台分、LANケーブルが1つです。

Deco XE75 同梱物一式
同梱品一式

筐体の大きさは(105 × 105 × 169 mm)と片手で持てる大きさに収まっておりDeco X60と直径サイズは同じです。

deco XE75 サイズ感
コンパクトなサイズ

シンプルなデザインですね。decoのロゴはWi-Fi 6Eに合わせて新しいデザインでしょうか。

deco XE75 デザイン(正面)
Deco XE75 デザイン(正面)

TP-Link Deco XE75はLEDインジゲーターの色で現在の状況を色で確認が可能で青色が設定中、緑が通常運転中、赤がエラー表示となっています。

deco XE75のLEDインジゲーター
状態をLEDの色で確認できる
状態を色で確認
  • 黄色:起動中
  • 青色:設定中
  • 緑色:問題なし
  • 赤色:問題が発生

LED自体は小さいですが下部を照らすことで遠くからでもしっかり状態を確認可能です。

アプリから消灯するタイムスケジュールを設定できるので夜中は消灯させておくことで寝室でも普通にベッドサイドに置いても眩しいことはないでしょう。

[ad2]

ポート数と機能について

Deco XE75はLAN/WANギガビットポートを3つ搭載しています。

Deco XE75 ギガビットポートを3つ搭載
ギガビットポートを3つ搭載

Deco X60は2ポートでしたがDeco XE75は3ポートになって拡張性が向上しています。また、Deco間を有線で接続することでシステム全体の速度を向上することもできます。

(せっかくのWi-Fi 6Eなので無線で使いたいところですが。)

また、一般的なWi-FiルーターはWANとLANが別々になっていてモデムからのLANケーブルをどっちに挿すか迷うことがありますが、Deco XE75はどこに接続しても問題ありません。

自動でLANか、WANか判別してくれるので機械が苦手という方でも使いやすくて間違えがないように配慮されています。

電源用のポートはイーサネットコネクタの下にあります。

Deco XE75 電源ポート
電源ポート

電源アダプタは横出しタイプとなっています。

deco XE75 電源アダプタ
Deco XE75 電源アダプタ(下の白いの)

壁コンセントなら干渉することなく接続が可能です。電源タップだと形状によっては隣のコンセントと干渉してしまうかもしれません。

[ad3]

TP-Link Deco XE75 レビュー:性能

Deco XE75はV6プラス(IPv4 over IPv6)は非対応で、一般的なPPPoE(プロバイダID、パスワードを入力するタイプ)となりますが、プロバイダモデムとDeco XE75の間にV6プラス対応ルーターを挟むことでV6プラスでの運用が可能となります。

Deco XE75をV6プラスで運用する
Deco XE75をV6プラスで運用する

ありがたいことにGMOはV6プラスを契約すると無料でV6プラスに対応ルーターを貸し出ししてくれるのでDeco XE75と組み合わせで問題なくV6プラスの接続で通信できます。

我が家ではV6プラスに対応の同社のTP-Link Archer AX73 → TP-Link Deco XE75を接続しました。

Deco XE75を設置
Deco XE75を設置

では、Deco XE75の性能・通信速度を確かめていきます。

通信速度の計測条件
  • ルーター:Archer AX73 + Deco XE75
  • 計測端末:iPhone 14 Pro
  • 環境:戸建て2階建て(5LDK)
  • 光回線:ドコモ光 × GMO光
  • 契約:IPv6 IPoE(V6プラス)

この条件で接続をして実際に通信速度をGoogleのスピードテストで計測してみました。

2台接続時の速度(5GHz無線接続)

お風呂場の上部分(1階と2階の間)にテレビアンテナや光回線のケーブルを引き込み空間にモデムとルーター、Deco XE75を設置、2台目のサテライトはリビングに設置しました。

Deco XE75 通信速度比較
上:受信、下:送信

Deco XE75だけでなく、Archer A73(1台)、Deco X60(2台)による速度をiPhone 14 ProPixel 7 ProZenfone 9で比較しました。

バックホールが6GHz専用となっています。

通信速度の比較
iPhone 14
Pixel 7 Pro
Zenfone 9
Deco XE75(Deco間6GHz接続) Deco X60(Deco間5GHz接続) Archer AX73
リビング1F 受信 354Mbps
377Mbps
227Mbps
247Mbps
185Mbps
128Mbps
129Mbps
135Mbps
85Mbps
送信 108Mbps
89Mbps
146Mbps
98Mbps
70Mbps
168Mbps
85Mbps
100Mbps
99Mbps
和室1F 受信 358Mbps
431Mbps
231Mbps
269Mbps
202Mbps
122Mbps
273Mbps
139Mbps
209Mbps
送信 146Mbps
130Mbps
138Mbps
117Mbps
89Mbps
80Mbps
114Mbps
72Mbps
126Mbps
お風呂1F 受信 453Mbps
351Mbps
297Mbps
422Mbps
328Mbps
242Mbps
471Mbps
404Mbps
175Mbps
送信 198Mbps
165Mbps
172Mbps
167Mbps
85Mbps
46Mbps
137Mbps
99Mbps
139Mbps
キッチン 受信 432Mbps
418Mbps
216Mbps
273Mbps
182Mbps
150Mbps
259Mbps
218Mbps
156Mbps
送信 131Mbps
100Mbps
130Mbps
118Mbps
88Mbps
58Mbps
149Mbps
150Mbps
72Mbps
玄関1F 受信 426Mbps
442Mbps
227Mbps
352Mbps
397Mbps
230Mbps
524Mbps
290Mbps
212Mbps
送信 183Mbps
102Mbps
119Mbps
159Mbps
129Mbps
120Mbps
131Mbps
122Mbps
117Mbps
書斎2F 受信 414Mbps
426Mbps
216Mbps
355Mbps
299Mbps
195Mbps
446Mbps
354Mbps
212Mbps
送信 135Mbps
124Mbps
89Mbps
44Mbps
118Mbps
104Mbps
158Mbps
106Mbps
106Mbps
寝室2F 受信 423Mbps
448Mbps
217Mbps
223Mbps
185Mbps
99Mbps
214Mbps
212Mbps
84Mbps
送信 86Mbps
81Mbps
136Mbps
25Mbps
65Mbps
88Mbps
127Mbps
100Mbps
116Mbps
子ども部屋2F 受信 365Mbps
343Mbps
180Mbps
143Mbps
160Mbps
77Mbps
33Mbps
26Mbps
22Mbps
送信 99Mbps
85Mbps
105Mbps
42Mbps
69Mbps
48Mbps
18Mbps
31Mbps
31Mbps

Deco XE75の最大通信速度2402MbpsとスペックとしてはDeco X60と同じですが実効速度はDeco XE75が速く、6GHzの専用バックホールでシステム全体で安定した速度が出てるようです。

Deco間を有線LAN接続でさらに速度を向上できますが、6GHz専用バックホールが使えるDeco XE75の恩恵は少なく無理して有線接続しなくても問題ないくらいです。

6GHz帯・5GHz帯の速度比較

Wi-Fi 6Eに対応したPixel 7 Proで6GHz帯、5GHz帯で通信速度がどれくらい変わるのか比較してみました。

(書斎で3回計測しています。)

6GHz・5GHzの通信速度比較
Pixel 7 Pro 6GHz 5GHz
受信 481.6Mbps
441.0Mbps
469.7Mbps
431.5Mbps
361.3Mbps
398.2Mbps
送信 159.8Mbps
146.5Mbps
216.4Mbps
148.5Mbps
67.6Mbps
89.2Mbps
ping 15ms
16ms
16ms
15ms
16ms
16ms

5GHzよりも6GHzで通信した方が全体的に通信速度が向上していました。バックホールだけでなく末端端末でもWi-FI 6Eに接続することで安定するみたいです。

Wi-Fi 6Eに対応した端末が増えると状況は変わってくると思うので速度を重視したい端末で6GHzに接続するなど工夫するとより快適な通信環境を得ることができそうですね。

[ad4]

2台接続時の速度(端末有線接続)

Deco間は無線(6GHz専用バックホール)、Deco XE75とMacBook Pro 14インチを有線接続すると速度が向上し安定します。

有線と無線接続で速度を比較してみました。

通信速度の比較
Deco XE75
有線
XE75
無線
X90
有線
X90
無線
MBP 14 受信 370Mbps
359Mbps
436Mbps
225Mbps
224Mbps
189Mbps
353Mbps
399Mbps
354Mbps
202Mbps
261Mbps
247Mbps
送信 123Mbps
120Mbps
113Mbps
87Mbps
86Mbps
82Mbps
249Mbps
126Mbps
117Mbps
136Mbps
109Mbps
48Mbps

無線よりも間を有線で接続することで通信速度が向上します。専用のバックホールを持ってるDeco X90と比較しても遜色ありません。

Deco XE75は簡単に設定ができる

Deco XE75は専用の「Deco」アプリを使って簡単に設定が可能となっています。

モデムとDeco XE75をLAN接続して電源を入れます。

アプリから設定したい「Deco」を選んでモデムが接続可能状態になってることを確認します。

Deco XE75のLEDが青色に点灯してることを確認して接続します。

インターネットの接続タイプ(動的IP、PPPoE、静的IP、L2TP、PPTP・DS-Lite)を設定します。

モデムから直接接続する場合は「PPPoE」が一般的でプロバイダID、パスワードが必要となります。今回はV6Plusが使えるAX73からのブリッジ接続となるため「動的IP」を設定しています。

ネットワーク名とパスワードを設定して接続完了です。2台目のDeco XE75も設定を進めると自動で追加してくれますし異なるDecoを同じSSIDとして認識もできます。

設定する型式を選択してDecoの電源を入れて青く点滅してることを確認して設定を進めます。

設置場所を選択して設定完了です。

簡単に仲間に入れたり外したりできるのがDecoシリーズのメリットでもありますね。とても扱いやすいアプリで誰でも直感的に設定できるのではないでしょうか。

[ad5]

TP-Link Deco XE75 レビュー:まとめ

TP-Link Deco XE75
TP-Link Deco XE75

TP-Link Deco XE75は6GHz、5GHz、2.4GHzの3つのバンドを使って最大5,400Mbps、最大200台の端末の接続ができるAI対応のメッシュWi-Fiです。

TP-Link Deco XE75のメリット
  • 設置場所には困らない大きさ
  • Wi-Fi 6Eの高速安定通信に対応
  • AIメッシュで安定接続が可能に
  • Deco X60よりも速度が向上してる
  • 従来のDecoを追加してメッシュを拡大
  • イーサネットコネクタを3つ搭載
  • アプリが使いやすくて設定しやすい

唯一のデメリットはV6プラスに対応してないところです。

TP-Link Deco XE75のデメリット
  • V6プラスに非対応

V6プラスに対応させるには別途V6プラスに対応しているArcher AX4800などルーターが必要となります。

TP-Link Deco XE75がおすすめな人は

では、Deco XE75はどんな人におすすめなのかまとめます。

Deco XE75 おすすめな人は
  • 新規格のWi-Fi 6Eを体感したい
  • 多くのデバイスを使う環境で快適にしたい
  • 少し広めのオフィスで快適なWi-Fi環境が欲しい
  • 5LDKの戸建で快適なWi-Fi環境が欲しい

Deco XE75は新規格のWi-Fi 6Eをいち早く体感したい、すでにWi-Fi 6Eの端末を持ってる方、複数の端末を快適に使いたい方におすすめです。

たくさんのスマホでも大丈夫
たくさんあっても大丈夫

専用バックホールに6GHz帯を使ってDeco間を通信するので端末がWi-Fi 6Eに対応してなくても通信速度が向上し安定した通信が可能で、Pixel 7 Proなど6GHz帯対応端末でさらに安定した通信ができます。

メッシュWi-Fiなので少し広めのオフィスや5LDKの2階建、3階建の戸建で使うのもおすすめです。隅々まで快適なWi-Fiの電波で埋め尽くすことができます。

我が家のような2階建5LDKならDeco XE75(2パック)でそこそこの環境を構築できるのでコストパフォーマンスはなかなか良いのではないでしょうか。

→ V6プラス対応のArcher AX73Archer AX4800はこちら

Deco X90Deco X60はこちら